FXを始めるにはリスクを取らない入金ボーナスがおすすめ

これからFXを始めてみたい方は、メリットの部分だけでなくデメリットの部分もきちんと理解してもらいたいです。

ネットや本などでFXに関して調べているとメリットの部分だけが強調されているものもあり、デメリットに関してはあまり触れられていないこともあります。

FXは元本が保証されていませんので、最悪資金を全て失うこともあります。もちろんその逆もあり、資金を大幅に増やすことも確かにできます。

証拠金を担保に少額の資金であっても大きなお金を取引をすることができます。日本国内では以前は25倍を超えるレバレッジも設定することができましたが、法律が改正されて今はレバレッジ25倍までしか日本国内にあるFX会社ではできません。

このレバレッジ25倍というのはメリットでもありますが、デメリットもあります。1ドル100円の場合に仮に1万ドルで取引をしたとします。

すると本来ならば100万円の資金が必要になります。しかしそこにレバレッジ25倍を適用すると、必要な証拠金の4万円をFX会社に預けることで1万ドルの100万円を用意しなくても、4万円を用意すれば100万円の取引ができます。

これがFXの最大のメリットとなります。ですが、デメリットもあります。

海外FXならゼロカットなので追証がない

FXを始めるにはリスクを取らない入金ボーナスがおすすめ

FXは入金した資産いわば証拠金ですが、この証拠金以上のお金を動かすことができますので、急激な為替変動によって思わぬ損害を被ることになります。

日本国内のFX会社では、証拠金以上の損害を被ることもあります。大きなお金を動かしているので、仮に相場が1ドル瞬間的に変動するだけでも損益はかなり変わってきます。

もし仮に予想を反して相場が逆に動くとかなりの損害を被ることになります。証拠金以上の損害を被ると追証ということになり、その損失分を補填しなければいけなくなります。

これがFXのデメリットになります。本来は証拠金以上のリスクは取らないで済みますが、日本国内のFX会社を利用していると、この追証になるリスクがあります。

なお、この追証対策をするならば海外のFX会社を利用するという方法もあります。

海外のFX会社ではレバレッジが100倍以上もあります。中には888倍や3000倍などのレバレッジがある海外のFX会社もあります。

そして海外のFX会社にはゼロカットシステムを採用している所が多いです。このシステムは、証拠金以上の損害を被ることがないです。

つまり、預入した証拠金以上の損害を被ったとしても追証をしなくて済みます。これは、FXトレーダーにとっては安心できる部分です。

従って追証のリスクを負いたくない場合には、海外のFX会社を選んだ方が良いことになります。

初心者はボーナスを利用して取引すべき

自分の資金を失いたくないならば、ボーナスを利用して練習するべきです。

最近では新規口座開設するだけでボーナスが3000~20000円もらえるのでそれを証拠金として取引ができます。

もちろん負けても自分のお金ではなくボーナスが消滅するだけです。

ポイントとしてはボーナスの金額が高いとこ、ボーナスがある会社をひたすら口座開設することです。

これを繰り返しているうちにFXが上達したという話もありますのであなどれません。

参考|海外FXボーナスGET

参考|XM【公式】

Comments are closed.